真性包茎

真性包茎

包皮口が非常に狭い、または亀頭と包皮が癒着を起こしているなどの理由から、平常時でも手でむくことができません。

亀頭が常に包皮に覆われているため、亀頭の成長が阻害され、いわゆる先細りになってしまいます。

真性包茎のトラブル

○真性包茎が原因で亀頭の正常な発育が妨げられ、短小や先細りになる場合がある。

○炎症を繰り返すことで、亀頭と包皮の癒着が発生する場合がある。

○無理に亀頭を露出させようとすると痛みがあり、露出させることができない。

※包茎の詳しい状態については、自分でご判断をするのではなく、クリニックでの診察をおすすめします。

横浜市内で包茎治療・豊富な実績
クリニック詳細はコチラ⇒ 上野クリニック