仮性包茎

仮性包茎

もっとも多い包茎のタイプで、平常時は包皮が亀頭を覆っています。手でむくと亀頭を簡単に露出させることができます。
勃起するとほとんど亀頭が自然に露出する正常に近い仮性包茎から、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎まであります。

仮性包茎のトラブル

仮性包茎は日常生活に支障はなく、必ずしも手術をしなければいけないということはありません。

しかしながら以下ような難点があることも事実です。

○溜まったカスが酸化し、悪臭を発する。
○亀頭に白いブツブツができやすい。
○亀頭があまり露出しないので、内側にカスが溜まりやすい。
○亀頭の発育が遅れ先細りになりやすい。

さらに上記が悪化した場合、以下のようなリスクが発生します。

○包皮や亀頭が炎症を起こす。
○通気性が悪くばい菌の温床になり、性病にかかりやすくなる。

以上のような問題から、仮性包茎は治療したほうがよいという意見が多くあります。

※包茎の詳しい状態については、自分でご判断をするのではなく、クリニックでの診察をおすすめします。

横浜市内で包茎治療・豊富な実績
クリニック詳細はコチラ⇒ 上野クリニック